• お問い合わせ

研究会

定例研究会
流通構造の転換期の小売戦略~製・配・販・顧客の「協創」で勝ち抜こう~
2020年12月16日(水) 17:30~19:30
会場:Zoom(オンライン)




今年最後の定例研究会は、コーネル大学RMPジャパンでプログラムディレクターを務める 大塚明氏をお迎えし、流通の立場から、加速する時代変化に対応するために必要な「協創」についてお聞きします。
また、後半は参加者からの事前質問にお答えし、参加者同士のディスカッションも行います。

【告知】★この講演で講師・大塚氏に聞いてみたいことを事前募集!
詳細はこちら↓
★質問事前募集★


▼テーマ
『流通構造の転換期の小売戦略~製・配・販・顧客の「協創」で勝ち抜こう~』

▼日時
12月16日(水) 17:30~19:30

▼概要
・コロナ禍により、速度を増して顕在化し始めた環境変化。
販促による商圏拡大から、限定商圏での生き残り策
「薄利多売」商法が通用しない時代の戦略を追求する。
開発商品(機能・価格)とそのポジショニングで躍進する
「ワークマン」に代表されるように、ロー・プライスの実現と限定小(狭)商圏での独自戦略構築の時と考えられる。

・しかも、それは、DX(デジタルトランスフォーメーション)台頭など、小売業が経験する100年に一度の変革期に起こっている。
モデル(これまでのチェーンストア理論)無き時代に独自の経営のフレームを構築できないと生き残りが難しい時を迎えようとしている。

・デジタル化という言葉にも「digitize」(なんでもデジタル化する)
「digitalize」(ある目的があって実行する)がある。
自社の戦略を明確にしてdigitalizeに取組み時と考える。

▼講師
大塚 明氏
一般社団法人全国スーパーマーケット協会
コーネル大学RMPジャパン プログラムディレクター
(元(株)ヤオコー常務取締役/元 日本スーパーマーケット協会専務理事)

1948年埼玉県生まれ。1971年㈱イトーヨーカ堂入社。
1981年㈱ヤオコーに入社後は、販売部長、人事部長、商品部長、食品宅配会社社長などを歴任し、1997年に常務取 締役就任。
2009年より日本スーパーマーケット協会専務理事。
退任後、中央大学ビジネススクール戦略経営研究科客員教授を経て、現在は一般社団法人全国スーパ ーマーケット協会が主催しているコーネル大学リテール・マネジメント・プログラム ・オブ・ジャパンのプログラムディレクターを務める。

▼形態
オンラインセミナー(Zoomを使用)
※ご視聴にはパソコン、タブレット、スマートフォンをご用意ください。

▼参加料
無料

▼定員 90名 

▼申込締切
12月16日(水)正午

▼こんな方におすすめ
・After/Withコロナの事業に課題がある方
・MCEI緊急セミナーに参加された方
・流通・小売の現場の声からヒントを得たい方
・マーケティング・営業企画・新規事業・事業改革担当者

▼参加申込方法
会員の方は、事務局よりお送りしたメールからアクセスの上お申し込み出来ます。
※メールをなくされた会員の方は、事務局にお問い合わせください。

【告知】★この講演で講師・大塚氏に聞いてみたいことを事前募集!
詳細はこちら↓
★質問事前募集★


【お申し込み先】

MCEI東京支部事務局
メール:jimukyoku@mceitokyo.org FAX:03-5276-6627