MCEI TOKYO TODAY'S ANSWER TODAY いま、要る知恵とパワーを、いま。

研究会 詳細

お客さま学研究会 「ダイバーシティシフト」部会 第2章開幕!「新規事業開発・イノベーション」
2020年2月18日(火) 18:00~21:00
会場:コクヨ東京品川オフィス(ショールーム)
昨年発足し大好評を得た「ダイバーシティシフト部会Pieces」が
さらにステップアップして【新章】を迎えます!
テーマは「新規事業開発・イノベーション」


<3つのシフトシリーズ>  ダイバーシティシフト
★昨年一年間に渡って活動し好評を得た「ダイバーシティシフト部会Pieces」から さらに発展した<第2章>。
新テーマは「ダイバーシティのその先=多様性活躍による 新規事業開発・イノベーションを起こすには?」
一年間、4回にわたって新規事業・イノベーションを 様々な事例から学び、「お客さま」と「企業」の距離が近くなるような試みを行います。

第1回キックオフとなる今回は、前回Piecesから引き続き、スピーカーである坂本崇博氏 (コクヨ株式会社 働き方改革コンサルタント/合同会社SSIN 代表)より、 米国では新規事業開発者のバイブルの1つとして広く知られているイノベーターの行動理論 「エフェクチュエーション」について、理論と実践事例のセミナーを開催します。

また、その実例の1つとして、コクヨ株式会社にて、新規事業 「ビジネスコンシェルジュ/ナレッジコンシェルジュ事業」 を立ち上げたメンバーによるトークセッションも行います。
日本の老舗企業でも新規事業は成功できる実践事例・苦労事例、 失敗の素や成功の鍵について赤裸々に語ります。
皆様にとって気付きの多い場になれば幸いです。

■エフェクチュエーションとは
サラス・サラスバシー氏が、新規事業化に成功した27名のイノベーターについて調査研究し、 共通する行動特性を5つのキーワードでまとめた研究書。 昨今は、日本の大手企業のR&D部門でも、取り入れられ、学ばれている。

【テーマ】「新規事業開発・イノベーション」第1回セッション

【日時】2月18日(火) 研究会18:00~20:00/交流会~21:00

【会場】 コクヨ品川オフィス(ショールーム)
〒108-8710 東京都港区港南1丁目8番35号

【メインスピーカー】坂本崇博氏
コクヨ株式会社
ファニチャー事業本部 スペースソリューション事業部
働き方改革コンサルタント

【講演】イノベーター理論「エフェクチュエーション」+事例:コクヨ&パートナーズ(働き方改革領域のアウトソーシング事業)

【会費】無料

【定員】35名(先着順)

※定員に達した時点で締め切らせていただきます。
*代理参加の方もOKです。

【受講をお勧めしたい方】
・昨年のダイバーシティシフト部会に参加された方
・マーケティング部門
・新規事業開発、オープンイノベーション担当部門、研究開発担当者

■定員制少人数で、意見交換やグループディスカッションなど、 講師と参加者が2Wayで対話できる研究会です。 ぜひ体験してください。

■お申し込み■
【会員の方】事務局よりお送りしたメールからアクセスいただきお申し込み出来ます。
※メールをなくされた会員の方は、事務局にお問い合わせください。

【一般の方】こくちーずよりお申しこみください。

◆Piecesとは?
特定非営利活法⼈MCEI(エムシーイーアイ)が運営している「お客さま学研究会」 の1テーマであるダイバーシティ・シフト研究の場として、 ダイバーシティや働き方改革の推進者やそれに関わる商品サービスを 企画する当事者などが集まり勉強会「Pieces」を⽴ち上げました。
①生産性向上、②イノベーション、③多様人材活躍の3本柱をテーマに、 ダイバーシティシフトの先にある新しい市場機会把握に向けて、 事例発表や協創ワークショップを行ってまいります。
コンセプトは、「1社、1人ではできない世界を、 多様な知と手を組み合わせ共創して実現する」 主な活動としては、3ヶ月に1回、「お客さま学研究会ダイバーシティシフトを開催 (原則無料 ※懇親会は実費)。
会員同士の情報共有および協創議論や分科会形成を後押しする場となり、 各社・個人のダイバーシティ・シフト(変革)や、ダイバーシティシフトが実現した 社会における新価値・製品サービスの創造を推進します。

※活動期間は1年間(2020年12月迄)
※会費:無料
お問合せ
MCEI東京支部事務局
TEL:03-5276-6561 メール:jimukyoku@mceitokyo.org