MCEI TOKYO TODAY'S ANSWER TODAY いま、要る知恵とパワーを、いま。

研究会 詳細

お客さま学研究会 「欲しい」の本質~人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方~
2019年1月15日(火) 18:00~20:00
会場:エステー株式会社本社
「欲しい」の本質~
人を動かす隠れた心理「インサイト」の見つけ方~

講師: 株式会社デコム
代表取締役 大松孝弘氏

【日時】1月15日(火) 18:00~20:00

【会場】エステー株式会社 本社(東京都新宿区下落合1-4-10)

【会費】無料 
※先着35名に限らせていただきます。
定員に達した時点で締め切らせていただきます。


*代理参加の方もOKです。

【講師・大松氏からの言葉】
人は、自分が欲しいものを説明できない。
消費者は、商品を見せられて初めて、「欲しい」かどうかを感じます。
既にいまの時代、消費者に直接聞くことで分かるニーズは充たされており、これまでの延長線上のモノ・サービスでは「欲しい」と思われずに、売れない時代になっています。

これらを解決するのが、人を動かす隠れた心理「インサイト」です。
閉塞的な状況にイノベーションを生み出し、新たなアイデアを生み出す武器といえます。
本セミナーでは、このインサイトの定義、見つけ方に留まらず、どうやってビジネスで生かすのかといった実践までを、豊富な事例とともに解説します。

売れなくなっている商品を再生したい、イノベーションを起こす商品・事業を開発したい、今までにないビジネスに生きるアイデアを考えたい、といったすべての方へ。本セミナーは役立つ内容になっています。

ヒットを生み出したければ、ニーズを追いかけるのではなく、インサイトを見つけよう。
本人すら気づいていない隠れた欲求。
その方法が、このセミナーには詰まっています。
さあ、イノベーションを生み出すアイデア開発の武器を手に入れよう。


【本セミナーで提供するもの】
・本人すら気付いていない欲望「インサイト」をビジネスで活かす方法を体系的に学べます。
・講師が600件以上の案件で培った、そのフレームワーク、メソッドを体系的に理解できます。

【対象受講者(職種・お持ちの課題)】
★新製品・サービス、新規事業の開発担当者
課題:
・取り組むべきテーマ(オポチュニティ領域)が特定できない。
・消費者が真に求めていることに応えているか不安。
・既成概念から逃れることが難しく、代わり映えのしないアイデアに落ち着いてしまう。
・プロダクトイノベーションに限界を感じているが、サービスイノベーションの生み出し方が分からない。

★マーケティング担当者、ブランドマネージャ
課題:
・既存ブランドや製品の売り上げを大きく伸ばすためのアイデアが手に入らない。
・ユーザーの意見は聞いているがうまくいかない。

研究開発・技術部門の方
課題:
・技術シーズを新たな顧客価値につなげていきたいがうまくいっていない。
・事業部門が技術や製品の提案を受け取ってくれない。

■定員制少人数で、意見交換やグループディスカッションなど、 講師と参加者が2Wayで対話できる研究会です。 ぜひ体験してください。

■お申し込みは会員限定■
※会員の方は、事務局よりお送りしたメールからアクセスいただきお申し込み出来ます。
※メールをなくされた会員の方は、事務局にお問い合わせください。

お問合せ
MCEI東京支部事務局
TEL:03-5276-6561 メール:jimukyoku@mceitokyo.org