MCEI TOKYO TODAY'S ANSWER TODAY いま、要る知恵とパワーを、いま。

研究会 詳細

お知らせ MCEI2020年通常総会報告および貸借対照表の掲示
令和2年6月16日(火)15時よりMCEI東京支部事務所に於いて、 東京・大阪正会員数107名のうち、91名(委任状出席71名を含む)の出席を得て、通常総会を開催いたしました。
東京・大阪各理事長からの総括、各委員会の活動報告があり、また新年度の事業計画が発表されました。
第1号から2号議案まで厳粛なる審議が行われ、満場一致で可決・承認されました。

第1号議案 平成31年・令和元年度活動報告および収支決算について
第2号議案 令和2年度活動方針および収支予算について

<2020年度(令和2年度)MCEI東京支部活動方針・計画>
1. 「アフターコロナ」においての対応力強化とそのリード
今の危機をチャンスと捉えて「新市場新価値開発」「働き方改革」「イノベーション力強化」 などのテーマに取り組み、実践スキルの取得・共有・創出、そして発信していきます。
MCEI の注力テーマでもある「社会課題解決に貢献」も今後ますます加速すると思われます。 それらを協創の機会と場の提供を通して推進していきます。

2. コミュニケーションの多様化の推進
今後加速化する「オンライン化」に積極的に取り組んでいきます。各種研究会への取り入れ、 理事会委員会においての導入を行っていきます。
機関誌ブレティンにおいても新たな取り組みを行い、会員企業との接点、 会員企業間同士の接点の強化を目指します。併せて我々が大切にしているアナログ要素との共存、 そして MCEIらしさをより深めていきます。
3. 組織基盤強化

昨年の 50 周年を「スタート」と位置づけ、今後の永続的発展を目指す運営体制づくりを進めます。
進行中の「緊急提言」、その実践のためのイノベーション力強化も取り入れていきます。 予定している新プロジェクト「MCEI イノベーターズ」も早期スタートを目指し、スキル向上とともに、 新たな視野との結びつきにも期待しております。
永続発展の成果尺度「一貫性のサイクル」などの活用、若手・女性のより多くの方々に運営への 参画の議論も進めていきます。

総会資料および貸借対照表(15ページ)は下記をご覧ください。
詳細はこちら(ファイルが開きます)

←MCEIトップページに戻る