MCEI TOKYO TODAY'S ANSWER TODAY いま、要る知恵とパワーを、いま。

研究会 詳細

お知らせ MCEI2018年通常総会報告および貸借対照表の掲示
平成30年6月12日(火)15時よりホテルルポール麹町に於いて、東京・大阪正会員数139名のうち、117名(委任状出席74名を含む)の出席を得て、通常総会を開催いたしました。
東京・大阪各理事長からの総括、各委員会の活動報告があり、また新年度の事業計画が発表されました。
第1号から3号議案まで厳粛なる審議が行われ、満場一致で可決・承認されました。

第1号議案 平成29年度活動報告および収支決算について
第2号議案 定款変更について
      定款第9章第53条(広告の方法)の変更
第3号議案 平成30年度活動方針および収支予算について

<2018年度MCEI東京支部活動方針・計画>
 引き続き「MCEI理念」の具現化に向けて注力してまいります。
特に2019年MCEI東京は50周年を迎えます。それを契機に、過去の経験・その資産を十分活かすと共に、 その後の永続的成長に向けて様々な議論を積立て、その実現を目指してまいります。2018年度においては以下4つの基本方針で取り組みます。

(1)東京支部50周年企画の計画づくり・その実践
1. 基本方針「不易流行」  過去・現在・未来への永続的発展
     ・不易   創設理事長・故水口健次氏の本質発言再確認
     ・流行   「協創」を通して、新価値リード・新市場リーチ
2. 基本方針の具現化に向けた各委員会での議論・方向決め(2018年中)
3. 既存会員重点に、MCEIの価値を認知・理解を広め・深める。
そして新規会員獲得にもリーチ
4. 各種記念行事の具体化
5. 理事会・委員会の活性化

   準備委員会の答申をベースに理事会・委員会で議論を深め、その解決策の具体化・その実践を行ってまいります。

(2)MCEIらしさ(理念)の実践
 「協創」をベースに、MCEI提供価値を高める
 色々なトライ&エラーを通して、多くの協創パターンを体験・整理、さらに新たな経験を積み立てて、結果として提供価値を高めてまいります。

(3)「協創」の輪をさらに広げ、MCEI活動シナジーを向上させる
(価値協創実践会、委員会活動、他)
 50周年に向けて、理事会・委員会でしっかり議論を進めてまいります。

(4)運営組織基盤の強化
 内外含め「ネットワーク」の強化、拡大
 活動を通じ、「人が育つ」ネットワークづくりを目指します。

総会資料および貸借対照表(19ページ目)は下記をご覧ください。
詳細はこちら(ファイルが開きます)

←MCEIトップページに戻る